引越しの心づけ

日本の社会がいいのはチップの要らない社会だということ。
欧米のようになんでもチップや心づけが要る、暗黙のルールがあるなんてのは日本人にとってはちょっと苦しい。
病院でも引越しでもなにも渡さないのが普通です。
ちゃんと料金の中に含まれているという考え方です。


最近の会社は心づけを受けることをちゃんと規則で禁止にしていることも多いです。
そういう類いのお金が動くことは会社の経理にとっても迷惑ですから。

もちろん引越し業者にこころづけを渡す人もおられます。
これは好きずきというか、気持ちですので自由です。
スタッフは人間ですから、心づけをもらうと嬉しいです。単純に。
心も体も少し軽くなるかもしれません。
人間はそういう生き物ですからね。


ただ、それまではだらだら作業をしていたのに、心づけを渡すと急に愛想が良くなったとかいうと、それはダメダメ業者です。


心づけは不要ですが、暑いときも寒いときも、タイミングを見計らって飲み物や軽食を出して上げるのは良いことです。
これもタイミングをしっかり見てください。
ダンボールを2段重ねに運んでいるスタッフに渡さないでください。
いやがらせみたいですから。


▼編集部イチオシ!安心のひっこし業者だけに一括見積もりを出させよう▼

》 》 ネットでパパッと見積もり依頼
ひっこしタグ : ,
記事一覧